会員情報

会員のアンソロジー

会員のアンソロジー19・畠山義郎氏~

資料・現代の詩2010

 畠山 義郎 ハタケヤマ ヨシロウ

①1924(大正13)8・12②秋田③鷹巣農林学校林業科中退④「密造者」⑤『晩秋初冬』詩と詩人社、『雪の模様』秋田文化出版社、『赫い日輪』『色わけ運動会』土曜美術社出版販売。

 大潟村の菜の花

菜の花や
月は東に
日は西に

無窮の天体
ひと握りの菜の花
一瞬の天地をうたった
江戸期の詩人

寒風山さむかぜやまに稜線を引き
輝き堕ちゆく太陽
東の出羽丘陵に
しろい月がのぼる
無限にひろがる
村の菜の花
既に楕円型の南北は
日没の翳り

午後七時今日の最後の
鳶が舞う
江戸期の人をたずねるか

 馬場 晴世 ババ ハルヨ

①1936(昭和11)10・23②神奈川③学習院大学哲学科卒④「馬車」⑤『いなくなったライオン』『ひまわり畑にわけ入って』土曜美術社出版販売、『雨の動物園』花神社。

 闇の庭

夜半 目覚め
ひそかな雨の音を聞き
庭の闇を想う
その根を深い闇の中に延ばして
木々も眠るのだろうか

朝顔は夜の闇がないと咲かない
闇は太陽や雨と同じように
自然の植物たちを育てる

地中の水分とともに
闇を吸い上げた松の
蔭のある樹幹や濃い緑の葉は
夜の匂いがするではないか

闇を通って来たものが
開く花たち
深い闇を抱えたひとに魅かれる

 浜江 順子 ハマエ ジュンコ

①1948(昭和23)12・29②鳥取③明治大学文学部史学地理学科地理学専攻卒④「地球」「hote l第2章」⑤『内在するカラッポ』『奇妙な星雲』『去りゆく穂に』『飛行する沈黙』思潮社。

 天使のいる円天井

四人の天使たちは、彼の勃起を下方から支え
 る。
勃起は完全なる円環を描き、ひとつのまやかトロンプ・ル
  イユと化す。
まやかしの勃起。
天使たちに弄ばれる、勃起。
いま、勃起は彼らの完璧な秘術アールに嗚咽する。

 浜田 優 ハマダ マサル

①1963(昭和38)1・23②東京③上智大学経済学部経済学科卒④「歴程」⑤『同意にひるがえる炎』思潮社、『天翳』水声社、『ある街の観察』思潮社。

 無人の星

花咲く腕が
ひとつの球体をつつむ
暮れかたの光は
白い裸体にもやさしい
うすく血を透かして
空へふくらむさざ波は
珊瑚の息づくまぶしい海の
入り江へつづいている

この空の彼方に いまも
満開の桜のざわめく星がある
地平線から沈まない夕日が
岩礁のへりを赤く染めて
けっして散らない桜の群れが
銀河からの風を研いでいる
そんな無人の星

 浜津 澄男 ハマツ スミオ

①1943(昭和18)2・18②福島③郡山商高卒④「詩の会こおりやま」⑤『深い海の魚』グループ銀河系、『スープの沼』黒詩社。

 アイスコーヒーと女

  セパレーツの花柄の水着の女が、アイス
コーヒーを飲んでいる。長い髪の毛をかき上
げながら、ストローで少しずつ飲んでいる。
しなやかな足を組み、ゆったりした椅子に体
をあずけている。時々のぞく白い歯が、眩し
く輝いている。
 女は退屈なのか、焦っているのか、スト
ローで四角の氷を、突っついている。カラカ
ラ カラカラ 氷とグラスの触れる音が、冷
たく響いている。突く速度が速くなり、スト
ローが鋭利な凶器に、見えてくる。
 女は、アイスコーヒーを、すっかり飲んで
しまうと、サングラスをかけ、安楽な椅子の
上で、眠る姿勢をとっている。
 グラスからストローが蔦のようにのびてき
て、花柄の女に巻きついている。シュルシュ
ル シュルシュル。アイスコーヒーの色をし
た蔦が、踊るようにからみついている。
 サングラスの奥から、アイスコーヒーの液
体が、涙のように流れている。

 早川 聡 ハヤカワ サトシ

①1957(昭和32)9・12②群馬③二葉養護学校高等部卒。

 予言者の憂鬱

雨雲が近づくと
鳥たちは里山へ飛び去る
僕も子供のころは
空気の匂いで雨の気配を感じた

僕の左耳で風音がうなる
気温や気圧の影響で関節痛になるとか
そんな現象と似ていなくもないが
地震や飛行機事故まで予感できる?

1966年 航空事故
1985年 御巣鷹山
1995年 阪神淡路
2004年 新潟中越

記憶の糸はまだ途切れないが
積乱雲が黒く沈みだしても
稲穂が風にざわめいても
ウスバキトンボの群れが飛んでいれば
雨は降らなかった

 林 立人 ハヤシ タツンド

①1933(昭和8)2・23②東京④「六分儀」⑤『ツェッペリン』詩学社、『棺応答集』『モリ』花神社。

 棒のような

十三月の朝はにび色 森は絵看板もどきに
失った表情を探そうともしない
ふっと頭上に気配を感じて
落ちかかるものを見上げ両の手で受ける
思いもよらず柔らかな鶏卵大の眼球だ
見てはならないものを見たばかりに
石になる噺は多い
まるいものが累々とある 流れるものの気配
 がある
足の下を深々と流れるものは 水と限るまい

埴安はにやすの池の堤の隠沼こもりぬの行く方を知らに舍人は
  まとふ (万葉集・二〇一=人麻呂)

乾いて いる 首のない鳥も 時も石くれも
千年の後には おびただしい雹が
一枚の森を裏表なく埋めるはずだ
流れるものはいささかの紆余曲折があろうと
棒のような直線であろう

白い蝶がゆく うねりに似た抑揚をつけて

 林 嗣夫 ハヤシ ツグオ

①1936(昭和11)2・19②高知③高知大学教育学部卒④「兆」⑤『教室詩篇』自家版、『袋』書房ふたば、自選詩集三部作『花』『泉』『風』ミッドナイト・プレス。

 空蟬――詩誌「兆」合宿句会より

  〈べふ峡温泉〉
カナカナや「辛夷こぶし」の部屋に「椎」の部屋

谷底へ風呂入りに行く祖谷盛夏

空蟬のここぞと決めし草の先

沙羅の花落ち真二つに割れにけり

朝顔のつるの先から逃亡す

ムカデにも内臓がある 殺されて

楠大樹ひとは涼しき秘密持つ

空蟬やいのちは鬱をいだきつつ

〈クリニックで〉
脳血管 芭蕉の椎に似たるかな

愛すとはつひに仰向けの蟬のこと

 林 洋子 ハヤシ ヨウコ

①1944(昭和19)3・12②山梨③文部省図書館職員養成所卒④「流」「潮流詩派」⑤『走り出す樹木たち』『杉の見た夢』『西新宿の欅』潮流出版社。

  走る根

寒暖の差きびしく地味うすい地層ゆえ
成長遅く木目のつまった檜の森

木曽の西 赤沢の山肌をその根が走った
杣人たちの慟哭のもれる夜の山道を走った
急峻な谷を這いあがり 走りつづけた
幕府の伐採命を持つ追っ手から逃げ
留山とめやま 巣山すやま 鞘山さややまやら ひとの勝手を逃れ
「檜一本 首一つ」と言われた木の長い根だ

今でもその根は露出し山から山へ伸びていく
細い枝に十字対生につく鱗片状の小さな葉
密生した葉や枝のかさなりから
精油の芳香も根とともに走る
伐採あとの切株に芽生え育った根上り木や
保護されてきた三百年生の巨木がそびえ
さわらやあすなろの幼樹も育っている
赤沢の自然休養林で

かれらがさらに走っていく道に
わたしは遅い足跡をくっきり点けていく

 原 桐子 ハラ キリコ

①1934(昭和9)1・18②茨城③日立二高卒⑤『鳥』『火喰鳥』『女面』詩学社、『女たちの島』『風街道』七月堂、『原桐子全詩集』夢人館。

そこへ入って行きたい

ほそく くらい道 身がひきしまるほど寒い
孤独が ふるえを伴ってついてくる
この国はいつからやさしさを失ったのだろう
敗戦の暑い夏 人びとは
新しい国造りが 生き殘った者の務めと
焼跡から立ちあがり 戦地から復員し
土地を耕し 大人も子どもも汗を流した
その人たちが 今 平成の世に
後期高齢者と言われ いのちの選択を迫られる
点滴をしますか 余命は三ヶ月ですか
一ヶ月ですか 手術はしますか
七十五歳を前にして膵臓に怪しいものが
MRIで三ヶ月に一度 その大きさを測って
子や孫に迷惑をかけずに生きるには まず
MRIをやめ そして〈手術はしません〉と

色即是空空即是色と般若心経が説く
〈舍利子見よ 空即是色花ざかり〉
        小笠原長生の句がまぶしい
空である色が花ざかりに
咲き 輝く そこへ入って行きたい

 原 圭治 ハラ ケイジ

①1932(昭和7)7・13②和歌山③和歌山大学学芸学部卒④「詩人会議」⑤『火送り水送り』詩人会議出版、『海へ情』詩画工房、『地の蛍』編集工房ノア、『原圭治自選詩集』竹林館。

 ひよどりの領分

夜明けの
まだ 判別できない程のひかりの時刻とき
何より早く 先取りするように
暁の冷気を切り裂いて飛来する
灰青色の体 ぼさぼさの頭 茶色の頰
長い尾を リズムをとるように動かし
羽根を拡げたり閉じたり
柔かな半弧の波形を連続させて
周囲まわりの風景から 突き出た場所を瞬時に探し
いちばん高い樹木のてっぺんに止まっては
鋭く尖ったくちばしから
ピーッピーヨ ピーヨと笛のような高い音で
誇り高く さえずりを喧しく繰り返す

毎朝 決って飛んで来るひよどりの生態は
夜明けの覇者に喩えよと云わんばかり
見下ろした地面に咲く冬の花々まで
うす紅色の山茶花と 白水仙の群れなどは
空の高みから
威圧の鳴き声に縮こまっているような

 原 子朗 ハラ シロウ

①1924(大正13)12・17②長崎③早稲田大学大学院文学研究科中退④「同時代」⑤『石の賦』青土社、『加線の歎語』花神社、『文体序説』沖積社、『宮沢賢治語彙辞典』東京書籍、『筆蹟の文化史』講談社。

 「先達」の歎語

少しのことにも先達はあらまほしき事……と
尤もらしくそう云ったのはあなただったな
名は兼好――どれでも好きという意味だ
俗名カネヨシをそのままケンコウと読ませ
ぬけぬけと多忙を徒然ひまとだまかして
草ぐさの文をその法名で書きため
連歌ふうにつづれ織りにして二巻に編んだ
あれはまれな長篇の批評詩だった
虚実雅俗も和も漢も今も昔もこれから先も
みんなでめいめいやろうと云うならわかる
ことしのBe ijing 五輪の「鳥の巣」も
日本人に設計させておきながら
共産したと隠してそのひとを招びもせぬ
そんな「先達」なんかいないがいい
ぼくらは弁慶のほうをよほど愛している

なにもかも「兼好」してはいけない
きびしく批評しながら先達の兼好でいこう
 

――二〇〇八・八・六、ことしのかたみに――

 原 利代子 ハラ リヨコ

①1939(昭和14)7・25②静岡③静岡高校卒④「鹿」「現代詩図鑑」⑤『皿と星とFEMALEと』『笛吹き通り』『二千年の犬』花神社、『気楽な距離』書肆青樹社、『ラクダが泣かないので』思潮社。

 耐える

ブラジルの大平原に生息する白蟻の
人の背丈をはるかに越える蟻塚の
ニョキ ニョキと
果てしなくニョキ ニョキと
その中の一つの蟻塚の たった一匹の白蟻よ
世界中の白蟻分の一はどんなだ

カムチャッカの海を泳ぎまわる真鰯の
数え切れないたくさんの群れの
ビワーン ビワーンと
海が真っ黒になるほどの一群れの
その中の たった一尾の鰯よ
世界中の鰯分の一はどんなだ

足に傷を持つ女は
少し哀しくて
少し陽気な女は
耐えているのだよ
詩人分の一に
患者分の一に
六十七億世界中のヒト分の一に

 原子 修 ハラコ オサム

①1932(昭和7)11・13②北海道③北海道学芸大学卒④「極光」⑤『鳥影』北書房、『つがる』『未来からの銃声』縄文詩劇の会、『受苦の木』詩論書『〈現代詩〉の条件』書肆青樹社。

 母

ししむらの洞の夜に
一滴ひとしずくの霊を

陣痛をべる指先で
おのがいのちのほむらをつむいでは

わたしを
他人よそびととなる暁へと織り

酷夏こくなつのハイヌーンに売りたまいし

かなしみの乳
しとど降らせまいらすひと

 原田 勇男 ハラダ イサオ

①1937(昭和12)10・11②東京③早稲田大学卒④「舟」「THROUGH THE WIND」⑤『炎の樹』青磁社、『何億光年の彼方から』『炎の樹連?』思潮社。

 水の中の年代記

水の中で揺れているのは すでに黄ばんだモ
ノクロームベタ焼きサイズの小さな写真 幼
児のわたしに 着物姿の母が寄り添って 川
をのぞきこんでいる 母は何を話してくれた
のだろう 多摩川の河原が広がっている 二
人の背後に乗用車が一台 まるで母が運転し
てきたようにさりげなく停まっている カメ
ラのシャッターを押したのは多分父なのだろ
う すでに失われた一枚の写真が 水の中の
年代記のように さまざまな記憶の断面をめ
くっている (この後 母は子宮外妊娠で苦
しみ 父は無意味な戦いに地獄を見た) 幽
明の垣根を隔てたのに 消滅した写真のディ
テールを魂のスクリーンで復元するように 
父と母のさりげないくらしを いつのまにか
たどっているのに気づく 父と母から受け継
いだいのちの樹 何度も消滅してはよみがえ
る不死身の火 一枚のまぼろしの写真から 
ふいにこみあげてくるものがある 時空を超
えて炎の樹を燃やせと励ます声が聞こえる…

 原田 直友 ハラダ ナオトモ

①1923(大正12)12・15②山口③山口師範卒⑤『木かげのベンチ』国文社、『神さまと雲と小島たち』かど創房、『スイッチョの歌』教育出版センター。

 すばらしい技術

大工の棟梁が
弟子に
「床柱を削っておくように」といって
出かけた

弟子は
心をこめて 鉋をかけはじめた
ところが 今日に限って
どうも うまくいかない
削っても けずっても
気に入らない

そのうち
棟梁が帰って来て おどろいた
なんと
鉋くずの山の中に
かまぼこ板ほどの木切れが一枚あったから

棟梁は高価な柱を一本損をし
弟子は すばらしい技術を身につけた

 原田 道子 ハラダ ミチコ

①1947(昭和22)7・20②群馬④「鮫」「湖」「Vo iD」「セコイア」など⑤『うふじゅふ』鮫の会、『原田道子詩集』砂子屋書房、『カイロスの風』土曜美術社出版販売、『春羅の女』耕文堂書店。

 あなない

低い木や草に見え隠れする「ホウアカ」の声
にんげんを怖れない雷鳥もいるという
そこ。まみどりの聖域の

円い形のゆらぎをぼんやりとみせるふるまい
銃弾よりちいさなイクサをしかけるからくり

〈身悶えする〉〈ふはり宙にうきあがる〉
そんな気がする するはずだから
「あなない」から妹を下降させようとする
月の「ひかり」の「おと」をきくだろう

二〇〇〇年に一度 みえてもみえなくても
いまを伝えなくてはと死者をうきあがらせる
かすかならせんの初期値だ 眠りがあさい夜

死者に語りつがせようとする
太古の夜にまでつらなる妹の水の記憶を

やがてやがて草や木のように語らなくていい

 原田 麗子 ハラダ レイコ

①1946(昭和21)9・23②石川④「独標」「鮫」⑤『流水痕』『影面のひと』視点社、『眠らない水』書肆青樹社。

 みなぎる朝

畑からきたばかりという
いまが旬のトマト
すこし欠けたおおきな器にならんでいる
直売の番をまつ母の手をふりきって
欠けた器に子供がたずねている

  ここ
  いたいですか

みずみずしい一瞬のしたたりを
目で聴けるのは しあわせもの
言葉をこえてあつまってくるものに
こころがたかぶる一日のはじまり
耳目を澄ましているものにだけ
朝が
ぐいっ とちかづいてくる

 春木 節子 ハルキ セツコ

①1952(昭和27)9・1②東京③日本女子大学国文学科卒④「馬車」⑤『鎧戸』『悦郎君の憂鬱』『Nとわたし』。

 包帯を ほどく

部屋は 霧が靄ったようだ

包帯は汚れている
うっすらと輪郭がみえる闇のなかで
それは白く 発光している

きつく巻かれた包帯を あなたがゆるゆるほ
どくと 布の重なりにできた ちいさな静脈
の瘤が痛い

踝のしたの 皮膚に覆われた患部は疼いて
嫌な匂いをはなっているが
あなたは ひらいたばかりの花弁に触れるよ
うに 踝のしたの あかく腫れたかしょを
そっと指でさわり 顔をちかづけて匂いを嗅

熱した香油をたらしたように
あなたの指がなぞったあとは
皮膚の深部で傷が熟して
麝香のような 獣の臭い

 坂東 里美 バンドウ サトミ

①1959(昭和34)2・6②大阪③関西学院大学大学院日本文学研究科博士課程後期修了④「Contra lto 」「蘭」⑤『約束の半分』『タイフーン』あざみ書房。

 卒業式

雨上がりの朝だ 湿った土から けたたまし
いサイレンが鳴った後の漠とした耳鳴り ひ
な人形の台座の畳表の匂い 桜の木の灰色の
幹の虫こぶの濡れた表皮のむず痒い舌 信号
は黄色 横断歩道の白線が歪む クリック音
立ち上がる老人のズボンのたるみが流れて 
側溝の水草に絡まる泡 「さもなければ」と
口の中の粘るビター・チョコレートの包み紙
の不条理な裂け目 ゴミ箱は投てきを避け 
柱時計の振り子が文字盤に円を描く秒針に嫉
妬するとき アマリリスの水彩画の虫食いの
額縁が帰化しようとする 3年5組 起立。

 坂東 寿子 バンドウ トシコ

①1931(昭和6)12・1②兵庫③武庫川女専卒④「花」「金木犀」⑤『夏の袖』根の花社、『桜夢』土曜美術社出版販売、『花の音』砂子屋書房。

 キャラメル

蕾がゆっくりひらくように
ふるさとの山があらわれる
千米にみたないなだらかな稜線の六甲山
その山裾を父が
つづいて弟が小学生のわたしと姉が
緑の匂う木陰をハイキングしている
少し汗ばんでキャラメルを口に
枝を渡って行く小鳥のさえずりを聞きながら
弟はキャラメルをなめおわると
ぼくもう歩けないと座り込む
一粒もらってまた元気よく歩き出すのだが
小鳥も笑っているよと冷やかされ
べそをかいている

遠い日の若葉青葉の木の間隠れに
黄色い箱のミルクキャラメルが
こぼれた

 日笠 勝巳 ヒカサ カツミ

①1931(昭和6)4・28②岡山③玉川大学通教卒④旧「詩の会・裸足」⑤『下流』裸足グループ、『荒磯 潮鳴る』『閑谷黌異聞』詩の会・裸足。

 巨きな樹

六百年まえ ひとりの旅僧が錫杖をたて
ひとつぶの種子を埋めていった

大川の治水奉行が屋敷に植えた樅の木は
風の音に恐れた近所の住民が切る
住む人のいなくなった家裏の二本の欅は
他郷に嫁いだ末娘が金にかえる
霊苑の楠の大木も
コンクリート道を壊すと倒され
樹齢百年におよぶ木々は消えたが

その村に巨きな樹が立つ
天空に笠となってそびえる想念の樹だ
かの旅僧は唱えた「塔を立てよ」
白衣の舎にも山谷広野にもと
江戸時代二百五十年を禁教に押しひしがれて
衆は血と泥の屈辱にまみれても樹は枯れず
りゅうりゅうとした殉教の木骨となって
冬の夜も星辰に黒々と枝を張る

沙羅の木に似た大樹を夜明けに見る人がいる

 日笠 芙美子 ヒカサ フミコ

①1942(昭和17)10・29②岡山③倉敷青陵高校卒④「舟」「EN」「ネビューラ」⑤『夜を充ちて』レアリテの会、『海と巻貝』砂子屋書房。

 過ぎる

寝静まった夜の中を
貨物列車がやってくる
ゴトゴトと長い音をひいて

黒々とした影が
いま
わたしのなかを通り過ぎ
だんだんと遠ざかる

あとに残った静寂に
寝返りをうつ
闇がぎゆっと軋んで
車輪の音をたてる

風景のなかを
わたしも急いで過ぎるもの
ゆるいカーブで
いま
どこを通過したのだろう

 東川 絹子 ヒガシカワ キヌコ

①1947(昭和22)10・20②福岡④「土星群」⑤『長針だけの時計』『ママは電子レンジパパは冷蔵庫』。

 灰ひときれ 25

フラッシュバックしていく数十年前 あの三
  井三池の夜
ジュラルミンの盾を持つ機動隊に取り囲まれ
スクラムを組む丸太の腕
突き出す岩の肩
サーチライトにまぶしく照らされた男たち
あれは生贄の姿だった

燃えて灰になった男たちの亡骸を
女たちは細長い箸でつつく
モノクロフィルムを少しづつずらして動かす
一枚一枚の鼓動
灰の中の無数の歯 灰の中の無数の喉仏

髑髏の眼窩奥深く 黒く光る一点から
過ぎ去った時がじっと見ている
シェルター化した坑道で
どこからきたのか
群生するゴキブリたち 群生するゴキブリた
 ちは誰だ

 東野 正 ヒガシノ タダシ

①1952(昭和27)8・16②岩手③東京農工大学農学部卒④「百鬼」「自知」「陽謡」⑤『つまづきながら』『空記』青磁社、『破破』点点洞。

 解法

あれからの私は随分と遠くにきてしまった

私は逃げてきた
死から 詩から 言葉から
私からも

狂うしかなかった
死んだふりをするしかなかった
言葉を忘れたふりをするうちに
本当に忘れてしまったのだが

言葉が卑しめられる様を見つめてきた
誰の言葉も信じられなかった
自分の言葉さえ失って
欠けた自分を書くしかなかった

死と詩と私についての
無限循環思考を強制終了する
言葉からも私からも解放されるとき
無が私を介抱し
無に向かって私を開放するのだ

 樋口 伸子 ヒグチ ノブコ

①1942(昭和17)3・3②熊本③早稲田大学第二文学部仏文科卒④「六分儀」⑤『夢の肖像』『図書館日誌』『あかるい天気予報』石風社。

 夜のひこうき雲

一すじ二すじ ひこうき雲がのびて
夕ぐれは律義に待ちつづけている
九九を暗唱する小学生が二人
シチハチ・ゴジュウロクから進まず
交差点で空を見あげていたが
一人は虹を見たことないという

わたしの平凡な子ども時代は
雨あがりの空には平凡な虹が立った
(ヘイボンな田舎ヘイボンな都会って?)
二重の虹をくぐったり追いかけたり
この子らはいつどこでするだろう

日がくれても空には白い帯がいく本も
前の白い帯は広がり薄れまだらになって
くり返し見た記憶の天の川と重なる
遠くにあるミルキイ・ウェイ 誰と誰の

シチク・ロクジュウサン……
九九を覚えた子どもたちおやすみ
夜あけには白いミルクをのむのだよ

 久宗 睦子 ヒサムネ ムツコ

①1929(昭和4)1・28②東京③旧制台湾高雄第一高女卒④「馬車」⑤『春のうた』山の樹社、『風への伝言』近文社、『末那の眸』土曜美術社、『鹿の声』本多企画、『薔薇薔薇のフーガ』潮流社、『千年ののち』『絵の町から』など。

 それは いつか……

それは いつか 伝説と称ばれるものになる
 だろう
大きな地震なゐが幾度も襲って瓦磯の山を造り
この星の温度が高くなって 氷山がすべて融
 けて渦を巻き
生きているらしいものは 僅かに空?だけに
 なったとき
宇宙に打ちあげられて「きぼう」と名付けら
 れた一本の葦から しきりにキイを打つ音
 だけが描き出す混沌とした夜明け に
造化の神々たちが身をのり出して拾い集めて
おいた はじらいのレース状の衣ずれとか
光る玉状の こころ と鳴る気泡とかだけは
 この星に伝わっていることが見えるだろう
神々にも理解出来ない それら不滅な破片は
 仕方なく 永久 と名付けられて ひとつ
 の耀く函に納められるだろう
小さな永久 も 大きな永久 も すべて
そんな事があったと そんな恋もあった と
何億年が過ぎても いちばん美しい伝説 と
称ばれて 消えないままに

 日高 滋 ヒダカ シゲル

①1934(昭和9)6・11②大阪③定時制高校卒④「呼吸」「いのちの籠」⑤『床屋のメニュー』ほおずき書籍、『運動』文童社、『ペーパーマン』『ウイッグマン』『日高滋詩集』土曜美術社出版販売、『サイクルマン』行路社。

 DADADA――秋の便り

働く者の〈自由の大地〉が
〈収容所群島〉になり
だだだ! だーん
地に落ちた旗の上を
あまたの車両が走りすぎ
もう何もできない
どこへも行くあてのない日々
世界のどこかで毎日
誰かが撃たれている
誰かが戸を叩き殴打されて
どんがらがひびく
駄々々惰々々堕々々
ダダイストになるしかない
クリーンクリーンクリーン
虹のサインポールを立て
「窓景」を書き留めることから
その風景の中へ乗り入れ
自転自助運動くり返し
だんだんと若返って
シャドーボクシングしながら
地球浄化運動へダッシュ

 日高 てる ヒダカ テル

①1920(大正9)11・4②奈良③奈良県女子師範卒④「爐」「BLACKPAN」「歴程」「同時代」「火牛」⑤『めきしこの蕋』爐、『カラス麦』彌、『日高てる全詩集』沖積舎、『今晩は美しゅうございます』思潮社、評論『彷徨の
方向』『シュメールからの』。

 ブロンズの靴

〈わたし こわいんです
〈わたし幽霊なんです と猪の鼻という武蔵
 小山の靴屋の別荘の障子の外のQに
〈眠れないだけです〉と会田さん この「真
 夏の夜の夢」は私がいけなかったのです。

日高さん/あなたの〈彷徨の方向を読んだ晩
は寝ぐるしかった/幽霊トハ私デアル/あの
せりふは鉄の括弧でかこんでおかなければな
らない/と。
会田さん 今はQと連れだって湖でない月天
への階段を登ってゆかれる姿が見えます
「ジャコメッティの〈広場〉のブロンズの靴
をぬがせ薬指でくすぐってクスッと……*」と
そのirony なあなたのやさしさが
ぞっとするほどやさしいのです でも
会田さん あなたはふしぎにも
靴を穿いていらっしゃらないのです
         *「 」は詩人会田綱雄の詩

 日原 正彦 ヒハラ マサヒコ

①1947(昭和22)6・5②岐阜③名古屋大学文学部国文科卒④「橄欖」「舟」「ERA」⑤『輝き術』詩学社、『天使術』花神社、『十字が丘駅で』砂子屋書房、『大欅』ふたば工房。

 風を描く

絵筆に 水だけつけて
さあっ と
まっしろな 紙のうえに

風 だ

まなざしで 吹かれながら
まなざしで 描く

ゆれる 葉
ゆれる ひかり
ゆれる あなたの睫毛
ゆれる 声
ゆれる 「ゆれる!」
ゆれる ……

目を閉じると
闇のなかで 風は
しずかに かわく

ページトップへ戻る