会員情報

会員の詩集の紹介

会員詩書紹介 (2021年10月8日受まで)

会員詩書紹介
(2021年10月8日受まで)

日吉平『木の声』(創風社出版)2・25
髙橋冨美子『夢泥棒』(思潮社)3・31
田窪与思子『サーカス』(思潮社)4・19
岡本勝人『1920年代の東京―高村光太郎、横光利一、堀辰雄』(左右社)6・30
和田まさ子『よろこびの日』(思潮社)6・31
石川逸子『もっと生きていたかった ――風の伝言』(一葉社)7・7
内藤喜美子『船に乗って』(土曜美術社出版販売)7・8
方喰あい子『ビオラ ソロリアプリセアーナのある庭』(土曜美術社出版販売)7・28
小松宏佳『ひらがな商店街』(七月堂)7・21
竹津健太郎『コルパイカ』(私家版)7・25
野沢啓『言語隠喩論』(未來社)7・30
二宮清隆『ゆめ野』(私家版)8・1
小島きみ子『楽園のふたり』(私家版)8・10
小島きみ子『Essay集 現代詩の広い通路へと』(私家版)8・10
上野都訳『朴八陽 麗水詩抄』(ハンマウム出版)8・15
小林登茂子『ふたご座流星群の季節』(土曜美術社出版販売)8・21
井上敬二『答えのない季節』(明文書房)8・25
秋山基夫『梟の歌』(七月堂)8・30
伊藤勳『谿殸山花』(論創社)8・30
長田典子『ふづくら幻影』(思潮社)9・1
山本十四尾『心袋』(栃木文化社)9・1
網谷厚子『万籟』(思潮社)9・1
本郷武夫『CINA詩篇 なぜここにいるのか 一人の異邦人が蟹を食っている』(ゆすりか社)9・1
桑田窓『52時70分まで待って』(思潮社)9・10
森田美千代『片道切符の季節』(澪標)9・10
山本眞弓『ティータイム』(澪標)9・10
奥村和子『食卓の風景 新選』(澪標) 9・16
林新次『冬の虹』(アオサギ)9・16
倉橋健一『無限抱擁』(思潮社)9・25
松井ひろか『十六歳、未明の接岸』(七月堂)9・25
水崎野里子訳『ラングストン・ヒューズ英日選詩集 友愛・自由・夢屑・霊歌』(コールサック社)9・28
壺阪輝代『慈しみの風』(土曜美術社出版販売)9・28
秋亜綺羅『十二歳の少年は十七歳になった』(思潮社)9・30
川中子義勝『ふたつの世界』(土曜美術社出版販売)9・30
山本衞『はたことば』(自家版)9・30
清岳こう『雲また雲』(思潮社)10・1
三田洋 評論集『非サイエンス 詩学のすすめ』(土曜美術社出版販売)10・5
鈴木茂夫『石臼』(土曜美術社出版販売)10・10
細見和之・山田兼士『対論Ⅲこの詩集を読め 2016-2020』(澪標)10・10
伊藤芳博『僕は、こんなふうに詩を読んできた』(ふたば工房)10・15
1 2 3 4 5 6 21

ページトップへ戻る