研究活動・親睦

詩集賞の紹介

第72回H氏賞・第40回現代詩人賞決定

■第72回H氏賞、第40回現代詩人賞の決定
2022年3月5日第2次選委員会により次の通り受賞詩集が決定しました。

◆第72回H氏賞決定
●受賞詩集『ライトゲージ』(七月堂)
●受賞者 うるし山千尋(うるしやま ちひろ)
●受賞者プロフィール 1976年9月12日生。
鹿児島県出身。宮崎大学卒。
「半笑いの騎士たち」他十四編で南日本文学賞(2007年)
「ライトゲージ」他十四編で南日本文学賞(2021年)。
詩集『猫を拾えば』(ジャプラン 2012年)
『時間になりたい』(ジャプラン2016年)。
【第72回H氏賞選考委員】
◎古屋久昭(選考委員長)、石下典子、伊武トーマ、
清岳こう、草野早苗、土屋智宏、冨岡悦子
【第72回H氏賞候補詩集】
〈会員投票候補詩集〉
①松井ひろか『十六歳、未明の接岸』
(七月堂)20票
②浦歌無子『光る背骨』(七月堂)10票
③桑田 窓『52時70分まで待って』
(思潮社)8票
③雪柳あうこ『追伸、この先の地平より』
(土曜美術社出版販売)8票
⑤篠崎フクシ『ビューグルがなる』
(土曜美術社出版販売)7票
⑥長嶺幸子『Aサインバー』(詩遊社)5票
〈選考委員会推薦詩集〉
うるし山千尋『ライトゲージ』(七月堂)
小林坩堝『小松川叙景』(共和国)
村岡由梨『眠れる花』(書肆山田)
★「日本の詩祭2022」(2022年5月29日アルカディア市ヶ谷)にて授賞式を予定しています。

◆第40回現代詩人賞決定
●受賞詩集『無限抱擁』(思潮社)
●受賞者 倉橋健一
●受賞者プロフィール 1934年8月1日生。
京都市出身 大阪府立吹田高等学校卒。
詩誌「山河」「白鯨」「火手」を経て、現在「イリプス」同人。
詩集に『寒い朝』『化身』『失せる故郷』他。
詩論『深層の抒情―宮澤賢治と中原中也』、『詩が円熟するとき―詩的60年代還流』。
評伝『辻潤への愛―小島キヨの生涯』他。

【第40回現代詩人賞選考委員】
◎秋山公哉(選考委員長)、新井高子、伊藤芳博、
小林稔、鈴木ユリイカ、高良勉、中島悦子

【第40回現代詩人賞候補詩集】
〈会員投票候補詩集〉
①新延拳『経験の定義あるいは指の痛み』
(書肆山田)15票
②川中子義勝『ふたつの世界』(土曜美術社出版販売)14票
②草野信子『持ちもの』(ジャンクション・ハーベスト)14票
④秋亜綺羅『十二歳の少年は十七歳になった』(思潮社)12票
④清岳こう『雲また雲』(思潮社)12票
⑥中上哲夫『川の名前、その他の詩篇2011
~2021』(花梨社)9票
⑦和田まさ子『よろこびの日』(思潮社)7票
⑧倉橋健一『無限抱擁』(思潮社)6票
⑧下川敬明『暗黒と純白の讃歌』(待望社)6票
⑧田村雅之『瑞鳥』(砂子屋書房)6票

〈選考委員会推薦詩集〉
管啓次郎『PARADISE TEMPLE』(Tombac)
田中庸介『ぴんくの砂袋』(思潮社)
日原正彦『はなやかな追伸』(ふたば工房)

★「日本の詩祭2022」(2022年5月29日アルカディア市ヶ谷)にて授賞式を予定しています。

1 2 3 4 5

ページトップへ戻る