会員情報

詩界ニュース

詩界ニュース (2016年12月20日受まで)

詩界ニュース
(2016年12月20日受まで)

◇5・28 山梨県詩人会総会(山梨 山梨学院クリスタルタワー) 新役員 会長・安藤一宏 副会長・橘田活子 理事長・こまつかん 理事・あさいまさえ、浅木萌、小沢啓子、数野徳子、沙羅樹、ひろせ俊子、まきののぶ、荒井初枝 顧問・笠井忠文、古屋久昭 相談役・いいだかずひこ
◇9・22~12・25 谷川俊太郎展(静岡三島 大岡信ことば館)
◇10・12 日本詩人クラブ選考委員会 委員長・北岡淳子 委員・佐川亜紀、たかとう匡子、中村吾朗、山田隆昭、山本みち子 書記・長谷川忍 日本詩人クラブ新人賞選考委員長・塚本敏雄 委員・秋元炯、神田さよ、黒羽由紀子、中島悦子、吉田義昭 書記・林哲也 日本詩人クラブ詩界賞選考委員会 委員長・加藤廣行 委員・臼田雅之、小林弘明、佐藤伸宏 書記・冨岡悦子
◇10・16 第48回横浜詩人会賞受賞式(神奈川横浜 馬車道十番館) 受賞詩集 草野早苗『夜の聖堂』(思潮社)
◇10・22~12・25(東京町田 町田市民文学館) 八木重吉―さいわいの詩人―展。監修・田中清光 関連イヴェント・講演会 11・6 ①講師 田中清光「八木重吉の詩と生涯」 11・12 ②講師 梯久美子「八木重吉の愛と死―妻とみ子への恋文から 八木重吉メモリアルコンサート 11・3 ①ほうせい詩×身×音ライブ―音楽と身体表現によるパフォーマンス ②オペラショウ「観音抄」 10・26 朗読会 ①朗読とおはなし 朗読・八木幹夫「耳で味わう重吉の詩の魅力」 11・19 ポエトリー・リーディング 高橋久美子「重吉を詩おう」 11・15 文学散歩 「八木重吉のふるさと相模を歩く」 11・26 紅葉の高尾山口から八木重吉記念館周辺をめぐる
◇10・29 ランプ忌・第8回それでも地球は回っている 秋谷豊の詩を読み語る会(埼玉浦和 カルタスホール) 第Ⅰ部 ランプ忌 総合司会 秋山公哉、山中真知子 開会の辞・黙祷 実行委員会代表挨拶・斎藤正敏 館長挨拶・秋谷千春 受賞者・川中子義勝 受賞者紹介・中村不二夫 講和・菊田守、太田雅孝 メッセージ・新川和江 第Ⅱ部「時代の明け方へ―秋谷豊の詩の歩み」 記念講演 川中子義勝 朗読・小林登茂子 第Ⅲ部 詩を読み語る(朗読とスピーチ)・弓削緋紗子、森田進、北畑光男、浜江順子、原田道子、名古きよえ、山中真知子、吉田ゆき子、植木信子、宮崎亨、中井ひさ子、下川明、香野紘一、ささきひろし、鈴木正樹、関口隆雄、谷口ちかえ、鈴木昌子ほか 閉会の辞・大石規子 実行委員代表・斎藤正敏、大石規子 事務局・鈴木豊志夫
◇11・3 2016年度 譚詩舎文学サロン(東京 新宿歴史博物館2階講堂) 第一部 吉田文憲「立原道造 詩『小譚詩』を巡って」 第二部 野村喜和夫「立原道造と石原吉郎」 第三部 「スピーチ・座談会」
◇11・6 第38回ちば秋の詩祭(千葉 千葉市生涯学習センター) 講演 北畑光男「詩のリズムについて~村上昭夫から現代まで」 詩の朗読 船田崇 嵯峨恵子ほか
◇12・6 伊藤桂一先生 お別れ会(滋賀大津市 義仲寺)
◇12・13 詩と書のはぁもにぃ展Ⅴ(京都 ギャラリー カト) 詩・原田道子 書・稲田浩子
◇12・17 詩が語る非核・非戦の集い2016(東京 専修大学神田校舎5号館561教室) 第一部 詩の朗読 柴田三吉、鈴木文子、石川逸子ほか 第二部 講演 アーサー・ビナード「ヒロシマから見える日本」
◇1・7 日本詩人クラブ新年会(東京 東京大学駒場キャンパス)
◇2・11 日本詩人クラブ2月例会PM2時~(東京 東大駒場18号館ホール) 講演 高柳誠「詩論のための試論」 詩朗読&スピーチ 熊谷加代子、幸田和俊、高橋絹代
◇3・11 日本詩人クラブ3月例会PM2時~(東京 東大駒場18号館ホール) 講演 川口晴美「3・11と詩とサブカル」 詩朗読&スピーチ 倉田武彦、木場とし子、根本昌幸
◇日本詩歌句協会新役員 会長・豊長みのる 副会長・菊田守(会長代行)、加藤耕子、二ノ宮一雄、帯川干 事務局長・間中恵美子 会計・平田繭子、小西月舟 会報・記録・田中眞由美 ホームページ・下川明 中部大会・藤島咲子 理事・川端進、黒岩隆、山崎啓、安森敏隆、友利健一、桜井健司、大久保白村、加古宗也、能村研三、神山俶江、坂口昌弘、小杉山基昭 監事・大高霧海、松尾隆信、秋元炯

 その他
◇NPO法人日本詩歌句協会 第11回中部大会作品募集 〔詩〕二篇一組 参加費二〇〇〇円(何篇でも可 一篇増すごとに一〇〇〇円加算。手書きはA4の原稿用紙20×20を使用題名空行2行を含めて2枚一内(一編が)パソコンは、A4用紙に題名空行2行を含め20字×40字以内で縦書きに納める 別紙に題名・氏名・〒・住所・電話番号を記入し添えてください ★応募料を振込で「東濃信用金庫高蔵寺支店・普通・ミズノノブマサ(水野信政)店番052・口座番号0902873

■□創刊・記念号□■
◇『1/2』50 創刊50号記念 近野十志夫発行 館林明子ほか 10・1
◇『金木犀』20 創刊二十周年記念号 樋口忠夫発行 菊田守編集 坂東寿子 菊田守ほか 10・30
◇『那須の緒』創刊号 貝塚津音魚発行 石下典子 貝塚津音魚 こやまきおほか 12・11

■□アンソロジー等□■
◇『2016 年刊詩集』28 徳島現代詩協会 9・30
◇『2016 とっとり詩集』7 鳥取県現代詩人協会 10・1
◇『関西詩人協会自選詩集』第8集 関西詩人協会 11・1
◇『宮城の現代詩2016』 宮城県詩人会 10・31
◇『千葉県詩集』49 千葉県詩人クラブ 11・6

■□受賞□■
◇第48回横浜詩人会賞 草野早苗『夜の聖堂』
◇第6回秋谷豊詩鴆賞 川中子義勝
◇第18回小野十三郎賞 森水陽一郎『九月十九日』(ふらんす堂)
◇第2回大分県新人詩人賞 大堀裕那『日々は続く』

■□会報・通信等□■
◇「千葉県詩人クラブ会報」235 千葉県詩人クラブ 10・11
◇「詩歌の森」78 日本現代詩歌文学館 11・10
◇「SCRAMBLE」144 高崎現代詩の会 10・30
◇「日本詩歌句協会」23 日本詩歌句協会 12・1
◇「山梨県詩人会会報」18 山梨県詩人会 11・1
◇「詩界通信」77 日本詩人クラブ 11・30
◇「高知詩の会通信」16 高知詩の会 11・22
◇「小熊秀雄協会会報」3 小熊秀雄協会 12・15
◇「とっとり詩人」35 鳥取県現代詩人協会 12・1

 〔訂正〕
 「昨年2月の西日本ゼミナールin沖縄のレジュメについて、以下の通り訂正させていただきます。関係者の皆さまに深くお詫び申し上げます。
(元沖縄実行委員長・宮城隆尋)

 平成28年、沖縄で開催された「西日本ゼミナールin沖縄」の資料編の平敷武蕉氏の講演「時代と向き合う文学」のレジメの中に、『歌壇』2015年11月号からの引用文がありますが、執筆者の名前が抜けていました。執筆者「屋良健一郎」をご記入ください。訂正しお詫びいたします。

ページトップへ戻る