詩投稿結果発表

投稿数172作品。投稿者106人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第1期(4-6月)の選評および入選作をご紹介いたします。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが詩編のアドバイスをいたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第2期選者(7月〜9月)
・野村喜和夫氏

野村喜和夫氏
・高貝弘也氏
高貝弘也氏
・峯澤典子氏
峯澤典子氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。

「詩投稿 第1期」入選作品紹介
*Topページに週に3篇ずつ公開します。

川津望
傾倒灯

 
傾倒灯を消してきたんです
暗がりでうねる襞という襞から
露出する水の音
欲望なんですねえ
うのーとさのーのいびつさ
池袋駅北口
PRONTでは忘れ物のないように
階段をのぼるそばから
ひそめられた息遣いは感染する

高熱を唇でうばいあい
酒臭くラアラア歌って
ふっと虫みたいに絶句した
同じボディソープを塗りたくる肉体
げんじつにもゆめにも
あったものしか付着していないのだから
 
調節のきかないシャワーより遅れて
接近する失語の虫食いに慣れ始める頃
思い出すのは真夜中
バスのロータリーで
長い手をくねらせてあのこが踊ったこと
月はブルーだった
……だから乞わなきゃいけない
もっと内側まで洗ってほしいと
 
これなに
(えふでぃーわん)
答えるかわりに
痩せ犬同然無理して時間をうんだ
論理に飲まれて話すよりも
手触りだけの浴室
収縮するそんざいの
聴こえ方まで演じてしまう媚態
「昨日は今日より地獄に近いんだ」
すき
ありがとう
ようやく発せられた声もかすれて
まだ汗が引かないのね
筋の張った首筋に絡みつける
傾倒灯をひっぱる手つき
 
――仕事で戻る
あのこの所へ戻る、も
動詞が一緒であれば嘘にならない
少なくてもわたしのせかいでは
あなたはインフルエンザだった――

山田明
逆立する日差し

 
二十九歳の僕の瞼
こんな剃刀はもう並べ飽きた
人間の柘榴
素晴らしきかな
ここは誰で
僕は今で
何が十六匹のスーパーボール
三十三回目の息抜き
だめだ
静かにしてくれ
西に五十歩
南に九十二歩進むと
現れる
ピラミッド
そこは二十三歳の僕だ
頭の奥で心臓が搔き乱れる
ここはどこで何が悪くて

やま
山々やまやみゃまやま
何もかもが
未完結の維持
九十九本の中身のない闇
そこで僕は
何を
喋ったのだろうか
わからないがそんなことより
何もかもがウジのような気持ちに
ビニール袋
隔離
寒い
におい
誰の誰の誰の誰の誰の
いまだ
樽井 将太 
無題

 
桃 しし 肉
桃も熟れ熟れ
肉も熟れ熟れ
しし、しっ走してゆく路地みはるかす
凪いだ眼の中
桃 しし 肉
セリー状眼、凪いで
不識
 
擲つ石のようなあなたの眼つき
肉付きの良いわたしがまるまる蹲ると
愛らしい小動物たちがあつまり
みんな啄む、
、啄む、
みんな、みんな、
桃 しし 肉
 
もしもし、
ししはみますか
 
桃 しし 肉
しし、しっ走してゆく非常階段みはるかす
セリー状眼、凪いで、
膨張して、
臨界して、
熟れ熟れしいしし
桃 肉 核
熟成核かさね
熟成核くりくりくり ぬいて
口腔でほおばり、ねぶり、
吐き出す
何か、胞衣のような、
垂れて、
どるんどるん
と、
どるんどるん
と、
喉元に垂れ下がり
肉の木の下
小動物わたし集まるなにか小動物のような
しっ走してゆくししの肉不識
なにか漂う(桃
なにか揺ら(肉
残像を
セリー状眼にのこして
 
もしもし、
ししはみますか
 
どるんどるん
と、
どるんどるん
と、
胞衣はみますか

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース(2016.6.30受まで)最終更新日 2016/8/21
催し・イベント
日本の詩祭2016最終更新日 2016/8/13

日本現代詩人会刊行本


  • 資料・現代の詩2010

  • 国際交流ゼミナール

  • 2015現代詩

ページトップへ戻る