詩投稿結果発表

投稿数237作品。投稿者135人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第2期(7-9月)の選評および入選作をご紹介いたします。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが詩編のアドバイスをいたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第3期選者(10月〜12月)
・野村喜和夫氏

野村喜和夫氏
・高貝弘也氏
高貝弘也氏
・峯澤典子氏
峯澤典子氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。

「詩投稿 第2期」入選作品紹介
Topページに入選作の中から2篇ずつ公開します。

北澤詩餅

コロ

 

ぽちゃんと沈む 石ころのコロ

魚たちには 珍しいコロ

コロの家族は ヘマタイト族

銀色の顔 銀色の声

 

空を飛びたい 夢を持つコロ

足を滑らせ 川に落ちたが

流れもせずに 泳げもせずに

ただただ泣いて 魚も困る

 

そこで数年 動かないコロ

いつからだろう 魚も減った

そしてある日に 子供が拾う

そして何故だか ポッケにころり

 

見たことのない 子供部屋には

ガラクタだらけ 石もたくさん

コロは磨かれ 飾られている

ハンカチ畳み 座布団のよう

 

コロは嬉しく 少し寂しい

空は少しは 近くなったか

時たま見える 鳥に憧れ

コロは悲しく 少し寂しい

 

子供が出かけ 窓には小鳥

コロは小鳥に 語りかけたが

小鳥はすぐに 飛び去ってゆく

コロは寂しく 少し泣き虫

 

しかし翌日 小鳥がちらり

コロを咥えて 仲間に入れる

名残惜しいが お別れの時

子供は笑い コロに手を振る

 

これから海や 山を越えては

空から空へ 雲から雲へ

 

どこからどこへ 当てもなくゆく

夢の中での コロは自由だ

上原梨花

飛翔

 

君は泣いていた

死は美しくなんてない

その一行からはじめたい

あの子どこで拾ってきたの

しーっ声が大きいよ

能登はいつでも冬だった

 

ぽこぽこぽこ

ぽこぽこぽこ

岩に叩きつけられた波が

真っ赤な泡となって

海岸を覆い尽くす

村人は波の花と呼んでいた

喰えば臓器が泡まみれになる

 

父さんの顔の布が

驚くほど白かったのを覚えている

なぜ食べてしまったのだろうか

アオサギが枕元に止まっていた

母さんは不吉だと顔を背けた

香炉、燭台、鈴と水

あの人、菊が好きだったわ

 

私は、大人になりたくないと強く思った

 

集落のキリコ祭りに

男たちが帰ってくるのは

何かの儀式に似ている

キリコ灯籠が天を焼いた

荒々しく運ばれて川に投げられてしまった

 

皆の幸せのために火に焼かれた蠍があるなら

私もそうしてほしい

 

タバコの匂いなんか嫌いだったのに

めまいがするほど好ましい、

星をくるりと見渡すと

耳の奥で百合が咲く

 

想像してみなさい

私はキューバから来た絵描き

どこにでも行けるし孔雀の羽を着物にできる

 

生まれて一番美しいものを見たから

ある晩ひっそりと北陸の町を出た

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース(2016.9.30受付)最終更新日 2016/11/6
催し・イベント
2016年度通常総会最終更新日 2016/11/5

日本現代詩人会刊行本


  • 資料・現代の詩2010

  • 国際交流ゼミナール

  • 2015現代詩

ページトップへ戻る